読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チュウニズム手元の上手な撮り方、そして手元を撮ることによるその効果。

世に出回っている手元撮影ハウツー記事を参考に自分も撮ってみたよ。

ゲーセンによっては筐体に手元撮影用のスマホアームを設置してくれているところもあるみたいだけど、ゲーセンに用意されてなくても1000円あれば立派な撮影環境が整うから最高。自分の手元を撮影するのホント楽しいから是非やってみてね。


まずはその1000円でスマホアームを買おう

今回購入したアームはこれ。

f:id:halgasumi:20161222215542j:plain

990円で購入したんだけど1000円以下とは思えないくらいごつい。以前ボルテ撮影用に1500円くらいの吸盤タイプのアームを買ったことがあるけどそれよりもずっと頑丈。それにチュウニズムに関しては吸盤タイプよりもアームタイプの方がカメラを画面・手元の中心にまで持ってこれるからいいんだよな。

アームタイプだと揺れたりするんじゃない?って思う人もいるかもしれないけど、それに関しては自分が想定していたより全然揺れたりしないので安心して購入してほしい。あとでこのアームで撮影した動画も紹介するので参考にしてみてね。


筐体のどこにつけるの?

調べてたら偶然にも同じアームを設置したゲーセンのツイートが引っかかった。

このようにクリップをチュウニズム筐体のパーティションに挟めばオーケー。あとはスマホのカメラが筐体の中心に来るようアームを調整すれば準備完了です。


実際に撮影した動画を見てみよう

今回撮影に使用したのはもう殆どの人が使ってないんじゃないかと思われるiPhone5。元々はiPhone6を使ってたんだけど、クソみたいな理由で水没して使えなくなったので仕方なく使っている。

(参考:クソみたいな理由)

本当にクソ。

その話は置いといて……結論から言うとiPhone5でも十分すぎるくらい綺麗に撮れた。

しっかり撮れている。ただ画面があまり映っていないのでサドゥン(物理)かかってめちゃくちゃ速く見えてしまう…というわけでアームを調整して更に上に上げてみた。

 

ほぼカンペキですね。もう少し高くすれば画面も手元も完全に収まりそうだけど、あまり高く上げすぎると調整の際に画面を確認できなかったりするので難しい……プレイ中のマス?は別に見えなくてもいいから、高さはそのままに角度を下に下げれば手元もしっかり映ってよかったかも。人が一人並んでいたしあまり時間をかけるのはよくないなと思って妥協した結果がコレだから、今度は人がいない時間見計らってじっくり調整してみようと思う。


参考にさせていただいたブログ

vivibit.netこちらの方は吸盤タイプのホルダーを使用しています。設置方法だけでなく撮影に一番重要なスマホの設定方法(オートフォーカスをオフにする方法等)もわかりやすく記載してくれているので絶対要チェックマスト。ちなみにずっとiPhoneを使ってきているのにこの記事を見るまでiPhoneでのオートフォーカスの切り方を知らなかった……


手元を撮ることによるその効果

1.謎ミスの原因が判明する

譜面と曲のノリが大好きでめちゃくちゃプレイしているギガンティックO.T.Nという男根のメタファーみたいな曲があるんだけど、この曲終盤の4-2-2-2スライドの直後にいつも原因不明のミスが発生してたんですよ。

f:id:halgasumi:20161222230609j:plain

ちゃんと処理しているはずなのに毎回ミスをするっていうのはもう無意識のうちに頭の中で譜面が改変されてしまっていることが多いから手元を撮影して客観的に自分の手の動きを確認することにした。すると……

最後の左手のスライド2つを処理した後の右手に注目してほしいんだけど、4-2-2-2スライド処理の流れにつられてExTAPの前に右手も最後スライド処理の動きをしていることがわかった。その入力がExTAPノーツの前側のミス判定のうちにされているので毎度ミスが出る、ということ。こんな簡単なことを手元を撮影するまで気が付かなかったのだ……。もちろんこの動画のチェック後はもうそこでミスが出ることはなくなったよ。(結局他のところでちょいちょいミスが出て未だにフルコンできてないけど)

このように自分のプレイを客観的に見ることで初めて問題点が明らかになることもあるので、手元を撮影する時は苦手曲を選曲して、動画を確認して対策を練るのがオススメ。

2.カメラを意識するのでプレイが丁寧になる

せっかく動画にするんだからと一つひとつ丁寧にノーツを処理するようになった。そのお陰でニューレコードがたくさん増えてレート上昇にも繋がった。その動画を動画共有サイトTwitterに投稿するにしろしないにしろ、スコアが良い方が自分にとっても気持ちがいいものだから最近伸び悩んでる曲を撮影するのも良いかもしれない。それでニューレコードを叩き出した日にはその日の夜はその動画が肴になるはず。

3.自己満足がモチベに繋がる

YouTubeで上手い人のプレイ動画を観るのももちろんいいけどんーやっ、やっぱり自分……の方が一番いいですよね。“俺TUEEEEEE!!!!”って感情は音ゲー自体のモチベにも繋がるので上述した苦手曲だけじゃなくて自分の得意な曲もガンガン撮影しよう。そしてその動画を見てニヤニヤしまくるのだ。そうするともっともっと音ゲーが楽しくなるぞい(天才博士)。


おわりに

というわけでこの記事を見てくださった皆さんもスマホの容量が枯渇するまで動画を撮影してより楽しいチュウニズムライフを過ごしていこう!ちなみに今回紹介したアームはチュウニズムだけでなく他の音ゲーにも使えると思うので試してみてね~。

最後に今日スマホの容量が枯渇するまで手元を撮影し続けて仕方なくアームを片付けた直後のプレイで起きた出来事を紹介して締めさせていただきます。

 

f:id:halgasumi:20161222234140j:plain

 

f:id:halgasumi:20161222233733j:plain

じゃあな!